Application Performance 2015 講演のご報告と、2016 年 2 月 26 日(金)
拡大版セミナ開催のご案内

去る9月8日(火)、SL ジャパンはソラシティカンファレンスセンター(御茶ノ水)で開催された Application Performance 2015 で、スポンサー講演しました。こちらのセッション内容 (40 分) を2時間に拡大したセミナを、 2016 年 2 月 26 日(金)に青山にて開催いたします。実物 【監視画面、構築過程、事例】 をご覧いただけるセミナです。

セッション
AC-03:
IoT で氾濫するアラートを一元管理 〜 Google マップなどを活用し、
サービスやオペレーションに応じてカスタム構築する性能監視


講演 株式会社 SL ジャパン
代表取締役社長
羽島 良重 (はしま よしえ)
デモ テクノロジー・マネージャ
山本 貴博
日時場所: 2015年9月8日(火)    11:10 〜 11:50    セッション AC-03
ソラシティカンファレンスセンター(御茶ノ水)
セッション内容:
進化して複雑化する今日のアプリケーション環境における性能監視では、市販または社内開発されたさまざまな監視ならびに運用管理ツールが使用されています。

さらに IoT の普及に伴い、分散したデータセンターや事業所、設備施設における性能監視データは多様化し、アラートが氾濫。これらをリアルタイムに集約して Google マップなどで可視化し、サービスやオペレーションに関連付けて一元管理する性能監視ダッシュボードの「カスタム構築」について、事例とデモを交えて解説しました。

実際に iPad で米 SL 本社にある RTView サーバにアクセスしてクラウドで稼働するサービスのアプリケーション・インフラを監視する他、DCIM(データセンター・インフラ管理)などのデモや、ポイント&クリックの RTView ビルダーを使った監視ダッシュボードの「カスタム構築」と Web 運用を実演しました。
ビルダーでアラートと
対応アクションをカスタム設定
(2分36秒)
サービス全体の監視画面から
コンポーネント詳細画面へドリルダウン


【対象分野】
インフラ監視、アプリケーション性能監視、SOA ミドルウェア(AP サーバやメッセージ・バスなど)監視、クラウド監視、サービス監視、オペレーション性能監視、ビジネス・アクティビティ監視 (BAM) など

RTView について:
SL 社の RTView は、各種の標準的なデータ・アダプタならびにカスタム・データ・アダプタによって、さまざまな『既存のリアルタイムな性能と可用性データ』に接続し、『一元可視化と監視』ダッシュボード(システム)を『カスタム構築』できるツールです。 コンテンツリッチながらもシンクライアントな監視ダッシュボード画面、インメモリの高速なデータ集約と分析、アラートと対応アクション、ヒストリアン(履歴化)などの仕組みを、ポイント&クリックのビルダーでプログラミングすることなく「カスタム」構成し、変更することなくデスクトップまたはブラウザで透過的に運用できます。

Application Performance 2015 は、(株)ナノオプト・メディアが主催する1DAY セミナ(無料・事前登録制)です。


お客様の個人情報の利用について
お客様よりお預かりする個人情報は、弊社の製品情報、イベント・セミナ、サービスなどに関するご案内で、利用させていただきます。個人情報の変更、削除、お問い合わせは、info@sl-j.co.jp(お客様情報係り)までご連絡ください。また、弊社の個人情報保護については、http://www.sl-j.co.jp 掲載の「プライバシー・ポリシー」をご参照ください。

  Application Performance 2015
  セッション内容の拡大版セミナ開催!
  2016年2月26日(金) 15:00-17:00

場所: TEPIA (東京・青山・外苑前駅徒歩4分) 株式会社 SL ジャパン主催

40分のセッションを2時間のセミナに拡大し、適用事例(お客様の監視画面)とデモンストレーションを追加して詳しくご覧いただき、より具体的に解説してまいります。

セミナ申込画面へ
無料・事前登録エントリ・フォーム
折り返し、受付確認のメールをお送りいたします。