対話的なリアルタイム・ロケーション・システム

このリアルタイム・ロケーション・システム・アプリケーションのデモ(アプレットとして表示しています)は、SL-GMS J/Developerを使用して構築されています。 このアプレットは高度にコンパクトで移植性に優れ、非常に良いパフォーマンスを実現しています。-- 正しく表示するには Internet Explorer 11 または FireFox 40 以上が必要です。

  • 上部にあるボタンでズーム/パンを操作します。
  • 下部にあるチェックボックスを選択し、異なるコンテナを見てください。
  • ショートカットのポップアップ・メニューを操作するには、マウスの右ボタンで選択してください。
  • アイコンを左クリックしてダイナミック・ポップアップ・ダイアログを表示してください。
  • さらに説明が下にあります。



説明:

このアプレットは任意のフロア図の上を動いている複数のアイコンを表しています。

さまざまな地点をズーム/パンできます: 'Zoom In' を選択し、図上の選択した地点をクリックしてください。ズームアウトするにはシフトキーを押したままにします。 Pan を選択し、マウスの左ボタンを押したまま地図をドラッグしてください。 (注意: 可視性が100%ではパンできません) ズーム/パンをトグルしたり、操作を終了するには、ショートカットとしてマウスボタンを右クリックしてください。

アイコンを左クリックしてダイナミック・ポップアップ・ダイアログを起動します。'Deselect All'をクリックしてダイアログを非表示にします。

特定の種類のコンテナの行動の表示制限を選択するには、下部にあるチェックボックスを使用してください。
開発ノート:

このアプリケーションはたった ~54K しかありません。これにはフロア図とアイコン、すべての対話的操作の振る舞いが含まれています。

シンボルは GMS モデルで、データファイルから動的にインスタンスされています。このデータファイルにはアイコンとそれらの属性が記録されています。

このデモは、さらに完全なリアルタイム・ロケーション・システム・アプリケーションを開発するために、容易に拡張することが可能です。


印刷可能ページへ