SL Japan > 製品> SL-GMSDraw ダイナミックグラフィックエディタ
SL-GMSDraw ダイナミックグラフィックエディタ

SL-GMSDraw は、しきい値で警報色が変わる、系統図の結線を動かす、機器の入/切など、アプリケーションのデータ変数によって駆動される 50 種類以上のさまざまな動的属性を持ったグラフィックオブジェクトを、アプリケーションから独立
して対話的に作成できるツールです。

そして、次々とコピーしてそれらの形状、動的属性、接続するデータ変数を変更しながら多数展開し、それらの動的振舞いをすぐにエディタ内で、シミュレーションデータを使ってプレビューして確認できます。同時に、多数のグラフィック
オブジェクトで構成される画面から複数の画面へと展開できます。

また、高速なズーム/パン、画面のちらつきを失くすダブルバッファリングなどの高度な機能を設定できます。

SL-GMS Custom Editor for .NET ならびに Custom Editor (C++) は、この SL-GMSDraw をカスタマイズできる開発ツールで、監視制御システムやアプリケーション固有の高性能なカスタムエディタ(ポイント&クリック操作の編集環境)を
迅速に開発し、エンドユーザ顧客やフィールドサポートに提供できます。



SL-GMSDraw エディタで
動的グラフィックスを作成
(デモビデオ 7:13)


ハイライト
  • エディタから一度も抜け出ることなく、アプリケーションから独立して画面のグラフィックオブジェクトを作成して
    動的属性を付加、その動的振る舞いをプレビューして確認のすべてを実行。
  • 3,000 以上の業界標準的な Symbol Factory オブジェクトライブラリ集ならびに SL-GMS 動的モデル集、カスタマイズ可能な SL-GMS 動的グラフオブジェクト (Graph Elements) の他、Visio や AutoCAD (DXF) などの他ツールから
    オブジェクトをインポート可能。
  • 作成したグラフィックオブジェクトならびにモデルは、ユーザ定義の「パレット」を作成してエディタ内で次々と
    再利用し、形状、動的振る舞い、異なるデータ変数への割り当てなどをカスタマイズして多数画面へと容易に展開。
  • ダイナミック GUI 開発・保守コスト増加の2大要因である仕様変更、データモデルや API 変更に伴う「つくり直し
    (手戻り)」工数を大幅に削減。
  • 無制限の編集操作の Undo/Redo を完全にサポートし、訂正と変更の迅速なロールバック /ロールフォワードを提供。
  • Microsoft Windows または Linux (Motif) それぞれのネイティブ環境に透過的に統合。
  • SL-GMS Custom Editor オプション製品で、SL-GMSDraw エディタをシステムやソリューションに合わせて
    カスタマイズし、固有のカスタムエディタとして提供可能。


SL-GMS 開発ツール(トップ概要)のページへ


デモ・ビデオ HTML5 デモ 適用分野(ソリューション) ユーザ事例 構築技法セミナ 関連資料