SL Japan > 製品> SL-GMS Developer for .NET
SL-GMS Web/Developer - 待望の HTML5 版 SL-GMS 新登場!

監視制御システム向けダイナミック GUI 開発ツール

従来の SL-GMS 製品 (C++, ActiveX, Java, Microsoft .NET) で提供されてきた SL-GMSDrawエディタで対話的に作成したダイナミックグラフィックモデルは、異なるフレームワーク間における移植性を提供し、ライフサイクルが10年前後におよぶ
制御システムの移行を長年支え続けてきました。

SL-GMS Web/Developer は、この同じ SL-GMSDraw エディタで作成した監視画面を、HTML5 ならびに JavaScript を使った Web ブラウザでクラウド運用することを目的に開発された新製品 (2020 年 9 月 V1.0a リリース) です。



SL-GMSDraw エディタでさまざまな動的属性を持ったグラフィックモデルを対話的に作成し、エディタ内ですぐにその動的振舞いを確認した監視画面は、SL-GMS のコードジェネレータを使って、比類なくコンパクトで高速な HTML5
コードに生成されます。

20数年前の 1998 年に、SL-GMS J/Developer (Java) のコードジェネレータによって生成された桁違いにコンパクトで
高速な Java アプレットの衝撃が、再び HTML5 で蘇ります。SL 社が長年培ってきた描画技術とグラフィックコード生成
技術により、他の誰にも真似できない、高対話性で高性能な監視画面の HTML5 による Web ブラウザ運用を実現します。


HTML5 に変換してスマホや
タブレットで運用される SL-GMS
グラフィック操作画面
(デモビデオ 2:11)
SL-GMSDraw エディタで画面を
作成し、HTML5 に変換、
Web ブラウザで運用の全工程
(デモビデオ 2:53)


SL-GMSDraw エディタで作成した SL-GMS ダイナミックグラフィックモデルを、
HTML5 コードジェネレータで変換

SL-GMSDraw エディタで作成して保存した m1 形式のモデルを、SL-GMS Web/Developer の HTML5 コードジェネレータを起動して HTML5 ファイルに変換します。そして、変換した HTML 形式のモデルファイルを読み込んで表示実行するための JavaScript ランタイムライブラリ (API) と、カスタム機能 (画面初期化, データ変数の定義, 変数データ値の更新など) を
含む、ブラウザアクセス用の「HTML サンプルファイル」を提供しています。

変換した HTML モデルファイルとともに、これらのファイル (JavaScript ランタイムライブラリとサンプルをカスタマイズ
した HTML ファイル) をサーバに配置し、ブラウザでアクセスするだけで、Web 運用できるようになっています。


新 V2.0a でグラフとテーブルを追加し、
より広範な監視ダッシュボードの開発も支援強化

2021 年 3 月にリリースした新バージョン 2.0a では、JavaScript (HTML5) の
組み込みグラフ (トレンドグラフ, 棒グラフ, 円グラフ) とテーブルが追加
されており、複数現場における制御システムからの IoT データを集約して
一元監視するダッシュボードの開発も支援強化しています。



カタログダウンロード
Web/Developer カタログ
お客様の簡単な情報をご入力いただくとすぐにダウンロードできます。


SL-GMS 開発ツール(トップ概要)のページへ


デモ・ビデオ HTML5 デモ 適用分野(ソリューション) ユーザ事例 構築技法セミナ 関連資料