SL-GMS Custom Editor (C++) 開発ツール

エンドユーザ顧客向けのカスタム・エディタを容易に構築して提供



SL-GMS Custom Editor では、顧客要求に合わせてエディタの構成を完全にカスタマイズでき、プロセス制御 (DCS) やネットワーク監視などの製品開発に SL-GMS が選択されてきた重要な理由の1つとなっています。

SL-GMSDraw ダイナミック・グラフィック・エディタが構築されているパワフルでカスタマイズ可能な「編集ステート(イベント駆動の編集操作画面の状態)」クラス・ライブラリを、SL-GMSDraw カスタマイズ・エディタ・ライブラリとして提供しています。これらは複雑な低レベル関数ではなく、画面状態をイベント駆動のステート(状態)として管理する高レベルのライブラリとなっており、豊富な機能を備えたカスタマイズ・エディタも容易に開発することができます。

動的属性など、グラフィカル・オブジェクトのさまざまな属性を編集できるアプリケーションや顧客要求に特有のエディタを必要とするシステム・インテグレータにとっては、エディタをカスタマイズしたり構成できることが極めて重要です。

SL-GMS Custom Editor for .NET のページへ



ハイライト

  • SL-GMSDraw と SL-GMS MiniDraw の2種類のテンプレートから、カスタム・エディタを容易に作成。
  • Motif ウイジェットや Windows MFC クラスで独自のエディタを構築し、SL-GMSDraw 機能をそれらのコントロールに組み込み可能。
  • SL-GMSDraw を構成している編集ステート(イベント駆動の編集操作画面の状態)はインタフェースから独立しているため、エディタをネイティブ Windows や Motif 環境に再構成することも可能。
  • 編集ステートにカプセル化された編集操作機能をカスタマイズ・エディタならびに簡単なオペレーション構成ツールを作成するための構築ブロックとして使用。
  • 作成したアプリケーション・システム専用のカスタム・エディタを、エンドユーザ顧客に提供。





SL-GMS 開発ツール(トップ概要)のページへ


SL, SL-GMS, GMS, RTView, SL Corporation and the SL logo are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski
Corporation in the United States and other countries. © 1999-2017 Sherrill-Lubinski Corporation. All rights reserved.