SOA ミドルウェア監視

SL 社の RTView は、特にミドルウェア、インメモリ・データ・グリッド、カスタム・アプリケーションで構成される大規模で複雑な IT 環境の監視を得意としています。元も高度なインメモリ分散キャッシング・システムを使ってデータを操作して高速に分析でき、大量のリアルタイム・データをアクセスし、アプリケーション・ドメインにおける多層(※)のナビゲーションとドリルダウンが可能で、地域的に並行的に分散してスケーリングすることが可能です。RTViwe は、ミドルウェアとサーバ層におけるシステムの監視と管理で、時間とコストならびにリスクを激減します。

(※)ユーザ層、ミドルウェアとサーバ層、ハード OS 層


クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
Smart & Final 社の IT オペレーション部門では、すべての業務システムをこの画面で一元監視でき、プロセスをスタート/ストップしたり、ルールを使用可能/不可にしたり、必要に応じて Oracle Enterprise Management システムにもドリルダウンできるようになっています。 Oracle Coherence Monitor による監視画面では、キャッシュやノードの状態、メモリ使用状況や通信問題など、Oracle Coherence クラスタ全体の性能指標を一望でき、キャッシュ・サービスなどの詳細データにドリルダウンできます。

概要

IT オペレーション部門では、重要なアプリケーションとビジネス・サービスをサポートしているさまざまなミドルウェア・コンポーネントから性能データを集約するにあたって、多様の選択肢があります。監視ツール製品の一部では、性能データの収集と配信に特化して設計されたエージェントを提供しています。また多くの場合、SNMP ネットワーク情報、メッセージング・ミドルウェアの統計データ、データベース、アプリケーション・サーバ、Web サーバ、アプリケーションやその他からの性能指標など、データはさまざまなところから来ます。

これらの情報を効果的に集約し、ビジネスやサービスにおける職務役割別に応じてカスタマイズ:
  • これらの性能指標データを効果的に集約し、サービスの性能と可用性を可視化して監視
  • 複雑で分散した IT インフラ環境における重要な情報を効率的に可視化して配信
  • さまざまなアプリケーションの監視と制御を中央監視画面で一元化
  • しきい値、アラート、対応アクションの自動化は、ビジネスやサービスに応じてカスタマイズ可能

SL 社の RTView では、アプリケーション・ドメインのミドルウェアとサーバ層において幅広く対応しています:
  • Web サーバ、アプリケーション・サーバ、データベース・マネージャ、ビジネス・プロセス管理、分散キャッシング・システム、メッセージ指向ミドルウェア、システムとミドルウェア管理ツール

リアルタイム・データは、JMX, WMI, SQL (ODBC/JDBC), SNMP, ログファイル, カスタム・アダプタなど、RTView が提供しているさまざまなデータ接続アダプタによって、ダイレクトに接続できます。


アーキテクチャ


クリックで拡大表示



JMS データ・アダプタによる接続

Java メッセージ・サービス (JMS) は信頼性のあるメッセージ指向ミドルウェア (MOM) の標準を規定しています。メッセージ指向ミドルウェアは、エンタープライズ・アプリケーション構築に欠かせないツールとして、広く認識されています。 Java テクノロジーをメッセージ指向ミドルウェアと統合することにより、JMS の API はエンタープライズ・コンピューティングの問題を解決する強力なツールとなっています。

RTView の JMS データ・アダプタはこの標準を利用するように設計されており、IBM WebSphere MQ, Oracle WebLogic, TIBCO Enterprise Message Service, Sonic MQ, Sun SeeBeyond などに接続できます。

RTView は、カスタムな監視ダッシュボード、アラート、履歴機能を迅速に構成して運用できる、柔軟でリアルタイムな可視化と監視ツールです。企業内における任意データに直接接続することができ、JMS データソース・コネクタでは、RTView のオブジェクトを JMS メッセージ・トピックのリスナとして登録し、どのメッセージ・フィールドを使ってオブジェクトの属性を更新するかなどを指定します。

RTView では、JMS トピックをサブスクライブし、JMS キューをブラウズして、JMS メッセージを送信することができ、以下を可能にする洗練された監視・管理アプリケーションを構築できます:
  • JMS メッセージに含まれるリアルタイムのビジネス・コンテンツを表示
  • RTView のヒストリアンにビジネス評価指標をアーカイブしてトレンド分析
  • メッセージ・コンテンツを解析し、一目瞭然で分かるアプリケーションの健全性と
    トラブルシューティング
  • アプリケーションに JMS メッセージを送信して対話的に評価


RTView 製品概要ページへ

2014年9月9日開催 AP2014 出展

定期購読の申し込み

Download Free Trial
製品について

RTView ユーザ事例: OOCL 社
RTView ユーザ事例: Smart & Final 社
SL, SL-GMS, GMS, RTView, SL Corporation and the SL logo are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski
Corporation in the United States and other countries. © 1999-2017 Sherrill-Lubinski Corporation. All rights reserved.