アプリケーション性能指標の監視

SL 社の RTView では、JMX, WMI やログファイルをはじめ、エンドツーエンド・トランザクション・モニタリング、APM(アプリケーション性能監視)、エンドユーザ・エクスペリエンスなどのツールからのアプリケーション性能指標データに、RTView が広範に用意しているさまざまな接続アダプタによって、容易にアクセスすることができます。

JMX 実装アプリケーションの監視


RTView では、大規模な JMX 実装を高性能で管理して監視することが可能で、極めてカスタマイズ性の高いダッシュボード、分析、アラート、レポートの機能を簡単に作成して運用できます。リアルタイムな JMX データを任意のデータベースに永続化することができるため、同じダッシュボードでリアルタイム情報を履歴情報と比較することが可能です。

RTView が提供する JMX データ接続アダプタでは、JMX が実装されたアプリケーションの監視で、JMX MBean の属性やオペレーションをアクセスすることも可能です。

ユーザは RTView の JMX データ接続アダプタを使って、次のようなことを実現できます:
  • 使用可能な MBean 属性をブラウズし、それらの値を Web ベース・ダッシュボードの多種多様なグラフィカル・オブジェクトの入力として指定。
  • 事後の分析を目的に、MBean データをアーカイブ。
  • MBean 属性をその他のデータソースとともに集約し、範囲や時間毎のサブトータルなどを提供。
  • MBean 属性または集約したデータをベースに、しきい値とアクションを定義。
  • 特定のアプリケーションの管理を目的に、MBean オペレーションを実行する機能を持たせたダッシュボードを作成。
  • ユーザ・インタラクションによるリフレッシュの代わりに、MBean 属性のクエリ・レートを指定して自動化。

   標準的な JMX データ例:
   JVM によって公開される CPU, メモリ、スレッド、GC 情報



WMI 実装アプリケーションの監視


Windows 拡張セットである WMI を実装したアプリケーション・コンポーネントは、WMI が提供するオペレーティング・インタフェースによって、アプリケーションの性能指標をエクスポーズできます。WMI はスクリプト言語を使って実装し、ローカルならびにリモート両方のコンピュータを管理することが可能です。

RTView の WMI データ接続アダプタでは、WMI が実装された任意のカスタム・アプリケーションまたは Microsoft パッケージ・アプリケーションからの性能指標を、WMI のスクリプトを入力して問い合わせることができます:
  • CPU 使用率(%)、メモリ使用量、ファイル・システム・スペースなどのインフラストラクチャ性能指標
  • ローカルならびにリモート・コンピュータ両方の Windows イベント・ログ
  • ローカルならびにリモート・コンピュータ両方にインストールされたアプリケーション
  • Microsoft Exchange サーバ
  • Microsoft IIS Web サーバ


RTView 製品概要ページへ

2014年9月9日開催 AP2014 出展

定期購読の申し込み

Download Free Trial
製品について

RTView ユーザ事例: OOCL 社
RTView ユーザ事例: Smart & Final 社
SL, SL-GMS, GMS, RTView, SL Corporation and the SL logo are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski
Corporation in the United States and other countries. © 1999-2017 Sherrill-Lubinski Corporation. All rights reserved.